東京港(晴海埠頭)と自衛隊のホームページ本文へジャンプ

トップページへ戻る

この歩道をまっすぐ進むと遊覧船乗り場へ出ま
す。



ターミナル横にある趣きのある風景
(以外と落着く)

 管理人の自己紹介
 
(船が好きな管理人)




 
 ZEEクルーズ運行の頃の「咸臨丸」で
 す。色々な経験をさせてもらった仕事
 でした。
 北は北海道「天塩港」南は沖縄「那覇
 新港」を旅させて戴きました。
 楽しい仕事でした。
 関係した皆さんに感謝!!


 ハウステンボスも軌道に乗り安定した
 との話も聞きますが、東京・福岡の営
 業本部で一緒に仕事をされた皆さんは
 お元気でしょうか?
 ハウステンボスにも娘を連れて行きた
 いと思ってますが中々・・・。

 
●コメント

晴海埠頭が見える所に引越しをする位、東京港が好きです。
また、海上自衛隊の艦船ファンでもあり晴海埠頭に入港予定があれば都営バスですっ飛んで行く程。
晴海埠頭への移動は専ら「都バス」。これが意外と便利。PASMOやSUICAが使えて便利ですよ。都内移動は公共交通機関がBESTです。
車は駐車場が不便。

船関係の仕事もしてました。これからも海に関係ある仕事をしたいと思っていますけどね。


●ネーム 
 KanrinJmsdf
(Koji Shimazu)

●略歴
 1965年生まれ  うお座

○管理者のひとり言
 

 晴海埠頭へは客船・護衛艦等が入港する度に出向いています。
 船の中では飛鳥Uが一番好きです。

 さて、最近は豊洲から遊覧船が出ていますので船の撮影も色々な
 場所から出来るようになりました。

 クルーズが人気ですが晴海埠頭への客船は年々少なくなっている
 と思います。前にも記載しましたが、飛鳥Uも横浜が母港となり
 晴海には年1回程度しか入港しなくなっています。横浜の大桟橋
 は非常に「アクセス・環境」が良くなり来場者も増えている気が
 します。
 晴海もオリンピック関連で大きく変わろうとしています。
 2020年に向けて華やかな場所になるといいですね。
 また、帆船パレード等を復活してもらいたいです。


 隣に「咸臨丸」の写真をUPしましたが、管理人はこの咸臨丸の
 運航に携わっていました。色々な人との出会いがありました。
 この時に晴海での帆船パレードに咸臨丸を出場させました。
 晴海では「企業チャーター」や「各種イベント」でお世話にな
 りました。
 非常に思い出深いものでした。

 今、この晴海埠頭を一望出来る所にいるのが不思議な気持ちで
 す。
 残念なことに咸臨丸は日本にはありません。

 
晴海埠頭を眺め、懐かしさに浸る日々です。
 





 晴海埠頭について

「晴海ふ頭」は、クルーズ客船や帆船・護衛艦等が寄港する場所で、国内外の色々な船が停泊します。
また、南極観測船しらせが出航・帰港する時にも、ここ晴海ふ頭が使われるなど、個性豊かな船も入港するので楽しい景観が臨めます。また、毎年「海上自衛隊 練習艦隊」の遠洋航海訓練もここ晴海埠頭より出航・帰港します。

次ページ