海上自衛隊 護衛艦の歴史 Part3

昭和48年~平成23年 DDH「はるな」型
(Helicopter Destroyer)
DDH141「はるな」  FRAM改造後
4.950t
日本初ヘリコプター搭載護衛艦
昭和47年2月1日進水

平成21年3月18日退役
DDH142「ひえい」 FRAM改造後
5.050t
昭和48年8月13日進水
平成23年3月16日退役
昭和55年~ DDH「しらね」型
(Helicopter Destroyer)
DDH143「しらね」 5.200t 平成19年12月の火災でCICを全損。退役後のはるなより装備を移設の経緯あり
昭和53年9月18日進水
平成27年3月25日退役
DDH144「くらま」  5.200t 平成21年10月27日関門海峡にてコンテナ船と衝突し艦首を大破。
昭和54年9月20日進水
平成29年3月22日退役
平成21年~ DDH「ひゅうが」型
(Helicopter Destroyer)
DDH181「ひゅうが」 13.500t 海上自衛隊初の全通甲板型護衛艦
はるな代替鑑
平成19年8月23日進水
平成21年3月18日竣工
DDH182「いせ」 ひえい代替鑑
平成21年8月21日進水
平成23年3月16日竣工
平成27年~ DDH「いずも」型
(Helicopter Destroyer)
 
DDH183「いずも」 19.500t 海上自衛隊最大の護衛艦 しらね代替鑑 
平成25年8月6日進水
平成27年3月25日竣工
平成29年~ DDH184「かが」
くらま代替艦
平成21年8月21日進水
平成29年3月22日竣工
昭和40~平成7年 DDG「あまつかぜ」型
(Guided Missile Destroyer)
DDG163「あまつかぜ」 3.050t 海上自衛隊初代ミサイル護衛艦
平成7年11月29日除籍
昭和51年~平成22年 DDG「たちかぜ」型
(Guided Missile Destroyer)
DDG168「たちかぜ」 3.850t 海上自衛隊第2世代ミサイル護衛艦
平成19年1月15日退役
DDG169「あさかぜ」 平成20年3月15日退役
DDG170「さわかぜ」 平成22年6月25日退役
昭和61年~ DDG「はたかぜ」型
(Guided Missile Destroyer)
DDG171「はたかぜ」 4.600t 海上自衛隊第3世代ミサイル護衛艦
昭和59年11月9日進水
昭和61年3月27日竣工
DDG172「しまかぜ」 4.650t 昭和62年1月30日進水
昭和63年3月23日竣工
平成5年~ DDG「こんごう」型
(Guided Missile Destroyer)
DDG173「こんごう」 7.250t 海自初イージスシステム搭載ミサイル護衛艦
平成3年8月26日進水
平成5年3月25日竣工

DDG174「きりしま」 平成5年8月19日進水
平成7年3月16日竣工
DDG175「みょうこう」 平成6年10月5日進水
平成8年3月14日竣工
DDG176「ちょうかい」 平成8年8月27日進水
平成10年3月20日竣工
平成19年~ DDG「あたご」型
(Guided Missile Destroyer)
DDG177「あたご」 7.750t ベースライン7 イージスシステム搭載
「改こんごう型」

平成17年8月24日進水
平成19年3月15日竣工
DDG178「あしがら」 平成18年8月30日進水
平成20年3月13日竣工
平成20年~ DDG「まや」型
(Guided Missile Destroyer)
DDG179「まや」 8.200t はたかぜ代替艦
平成30年7月30日進水
平成32年3月竣工予定
28DDG(平成28年度計画艦) しまかぜ代替艦
(平成33年竣工予定)