2007年度 海上自衛隊 遠洋航海訓練部隊 帰国式典
        2007-9-21(金)


(写真の無断使用はご遠慮願います)

 練習艦隊
 TV3508 かしま
 第2護衛隊群 第2護衛隊
 DD157 さわぎり
外観は「旧かとり」より一回り大きい艦。デッキハウスは実習員講堂となっており、
約170人近くの訓練生が受講できる。
建造が繰り延べされた結果、それまでの練習艦とは一線を画す大型の艦となった。

基準排水量:4.050t  全長:143m×幅:18m×深さ12.3m  
出力:27.000PS
速力:25kt  62口径76mm単装速射砲  礼砲×2門  3連装単魚雷×2
練習艦に随伴した現役護衛艦。きり型護衛艦の7番艦で佐世保を母港としてる。
昨年の観艦式で乗艦させてもらった艦艇で管理人の思い入れのある艦でもあります。

基準排水量3.550t  全長:137m×幅:14.6m×深さ8.8m  
出力:54.000PS
速力:30kt  62口径76mm単装速射砲  ハープーン  
短SAMシースパロー CIWS×2  アスロックランチャー  3連装単魚雷×2


 練習艦隊 第1練習隊
 TV3513 しまゆき
はつゆき型の12番艦として建造されたが、平成11年3月18日に種別変更され練習艦と
なった。海上自衛隊としては最終番艦を練習艦に変更したケースは今までに無い。
そうした背景にはイージス艦等の最先端テクノロジーを駆使したシステムに変革してお
り、乗員の教育及び訓練もそれに適合したものが求められるようになったことが要因だ
と思われる。

基準排水量3.050t  全長:130m×幅:13.6m×深さ8.5m  出力:45.000PS
速力:30kt  62口径76mm単装速射砲  ハープーン  短SAMシースパロー
CIWS×2  アスロックランチャー  3連装単魚雷×2


入港中の「かしま」と「さわぎり」 到着当初、タグを使わずに転回・後進していた「しまゆき」。素晴しい操艦技術。
「しまゆき」のブリッジ  しまゆき艦上の訓練生
儀仗隊 音楽隊
かしまより下艦する「訓練生」
江渡防衛副大臣の栄誉礼 江渡副大臣による訓示
海上自衛隊 吉川幕僚長(海将)の挨拶 外務省政務次官からの挨拶
遊覧船より撮影
遊覧船より撮影